クラウドのファイル共有でコストを削減【大きなメリットを生み出す】

海外とのやり取りに使用

オフィス

出張費削減が可能

IT技術が発展するにしたがって、新しい技術が次々に登場し、一般的に使用されるようになるスピードはとても速くなっています。その一つの方法として、クラウドを使ったファイル共有技術もその一つであり、容量がどんどん大きくなる情報通信時代に、とても有効な技術として世の中に急速に広まっています。この技術は、海外とのやり取りを行う上で、非常に役に立っており、これまでは、海外の取引先を管理する上では、日本人駐在員を現地に派遣して情報のやり取りを行うことが一般的でした。しかし、企業としては海外出張費用全般が負担になっていることも事実であり、日本人が多く関われないこともネックになっていました。しかし、このクラウドを使ったファイル共有技術を使うことで、いつでも日本にいながら多くの情報を把握することができるようになっています。特に、現地の様子を動画としてファイル共有することで、現地の姿をそのまま確認することができるようになるため、現地にいなくとも多くの情報を共有することができるようになっているのです。これまで、動画のような容量の大きな情報は、メール送信途中で送信が途絶えることも少なくなく、時間をかけた挙句うまくいかない、ということが発生していました。しかし、クラウドを利用したファイル共有を行えば、そういったストレスはなく、いつでもどこでもクラウド上の情報にアクセスできるため、会社としてもコスト削減をしながら情報共有することができ、一石二鳥といえるのです。