クラウドのファイル共有でコストを削減【大きなメリットを生み出す】

便利なITを使いこなそう

ウーマン

IT機能を活用するために

企業の中では様々なITを使ったサービスが提供されており、業務の効率化や円滑化に役立てられています。もっとも、様々なサービスや機能を用意していても、それを使いこなせなければ意味がありません。そこで、従業員などのエンドユーザーが現在どのようなサービスが利用でき、どのように申請したり手続きをとれば利用が開始できるか、利用中に困ったことや確認したいことがあれば何処に確認すればいいのかなどを分かりやすく一覧で示したサービスカタログを用意しておくと便利です。サービスカタログはIT部門やITに詳しい方だけでなく、従業員の誰が見ても内容が理解できるような平易な言葉を使って説明する必要があるとともに、一覧からニーズに見合ったサービスを直ぐに探せるようなインデックスをつけ、カテゴリなど分かりやすく分類しておく必要があります。サービスカタログはITサービスを開発したり、提供している自社のIT部門や依頼したITシステム会社やアウトソーシング業者などに、作成を依頼して提供してもらいます。ITサービスは次々に新しいものが増えていったり、これまでのサービスの内容がより高度に更新されたり、逆に運用が停止されることもあります。そのため、サービスカタログを提供する部門の担当者や業者により、サービスカタログも随時更新してもらい、最新のサービス情報を提供してもらうことで、従業員が利用しやすくなり、用意されているサービスを最大限活用できる環境が整備されます。